2014年8月1日

歯がグラグラ

   

数日前

息子(6歳)と晩御飯を食べていたら

突然

息子が歯の痛みを訴え始めました。

どの歯が

どう傷むのか

よーーーく聞いたら

下顎の前歯がグラグラするというのです。

「どれ? どの歯?」

確認すると

あらっ、

ほんとにグラグラ。

更に詳しく聞くと

この日保育園でおやつを食べていて

ちょっと硬めのおやつをガブっと噛んだら

その時からグラグラするようになった、と。

「なんでその時すぐ先生に言わなかったのよ~?」

こんな時間じゃ

歯医者に電話することも

何もできません。

息子の話では

食べたときに

物によって(グラグラした歯にあたり)痛いこともあるけれど

それ以外では

特に痛いことはないとの事。

「もしや?!」と思い

調べてみたら

やはり歯の生え変わりによる可能性も出てきました。

息子にとっては

〝おやつを食べてたらグラグラになった〟わけですし

きちんと歯医者さんで診てもらいたいですよね。

翌日

歯医者さんに予約の電話をしたら

「明日の12時」とのこと。

保育園を休み

早速診てもらってきました。

 

息子の歯は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯の生え変わり

によるものでした。

「おやつはきっかけです。」と

歯医者さんは断言してくれました。

 

永久歯が生えてくるにあたり

息子の口の中の説明をしてくれました。

息子の歯は

まだ乳歯なのに

全く隙間なく歯が生えています。

永久歯は乳歯より大きいため

歯の内側からはえてきてしまう可能性があること、

将来歯並びがガタガタになる可能性があること、

ガタガタの歯並びを治すため

歯列矯正するとかなり高額(100万円)かかること。

(歯列矯正の金額は地域により

金額に差があると

以前聞いたことがあります。

東京は高いそうです。)

その他細かい事を幾つか教えてくれました。

どんなに心配しても

実際に歯がはえてこないとどうなるか全くわかりません。

とにかく今は見守るしかない状態です。

息子を

小児歯科専門の歯医者さんに診てもらっていて良かったー!

 




この記事をどう思いましたか?
  • すばらしい (0)
  • 面白い (0)
  • 役に立った (0)
  • 気に入った (0)
  • ほのぼの~ (0)
前の記事へ戻る「«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算式を完成してください。 (Please calculate.) *

最近のコメント

広告(AD)