2018年5月2日

手術翌日

   

手術翌日
2018年4月28日(土)

 

朝起きると

足のむくみがずいぶんと楽になっていました。

ほとんど麻酔の感覚はありませんでした。

 

昼過ぎだったかな?

「ちょっと歩いてみましょう」という事で

歩いてみました。

ゆっくりゆっくりと歩けました。

傷の痛みはそれほど気になりませんでしたが

肩凝りがひどくて辛かったです。

手術の時

頭が下がった状態で

体を支えるために

肩に何か置いて支えていたそうなので

それのせいかもしれませんと言われました。

 

看護師さんが

温熱クッション?のようなのもを

持ってきてくれました。

 

胃のあたりが張ってる感覚もありました。

ゲップが出ると多少楽にはなるのですが

またすぐ張ってしまって、、、。

 

それまで手術着だったので

着替えることになりました。

ふとももの辺りが

すこし麻痺している感覚が残っていることに

気づきました。

看護師さんに伝えると

背中からのお薬を一旦やめましょう、と。

それでまた傷口が痛くなったら

点滴など別の方法で痛みを止めることができるから、

という事でした。

 

夕方

自分の体調の変化に気づき

熱を測ると37.1度。

熱が出てきたようでした。

ちょっと寒気も・・・。

ナースセンターに行って話をすると

もし高熱になるとしても

もう少し時間が経ってからだろうから

あと1~2時間で検温なので

その時まで様子をみたい、との事でした。

 

検温になりました。

36.8度でした。

平熱36.0~36.2程度の私にとっては

まだまだ微熱。

さっきからちょと下がったって事は

高熱にはならなさそうかな?!

 

 

今思うと

背中からの薬をやめた影響でしょうか?

 

この頃になると

肩こりより微熱の方が辛かったです。

肩こりは温熱クッションでだいぶ改善されたようでした。

 




この記事をどう思いましたか?
  • すばらしい (0)
  • 面白い (0)
  • 役に立った (0)
  • 気に入った (0)
  • ほのぼの~ (0)
次の記事へ進む「 »」
前の記事へ戻る「«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算式を完成してください。 (Please calculate.) *

最近のコメント

広告(AD)