2018年1月23日

ヒートショック・失神?!全身痙攣(けいれん)?!

   

1月21日(日)

 

夜お風呂に入った時だった。

お風呂から出るとき

脱衣所へ大きく手を伸ばし

バスタオルを取った。

その際立ち眩みになるときがあるのだが

これまでは息子とお風呂入っているときで

 

「あっ、ママ立ち眩み!」

 

って言って

そのまま少々立ち止まるとか

しゃがみ込んだりすれば

すぐおさまった。

 

私自身お風呂に関係なく

小さいころから

立ち眩みは

そう珍しい事ではなかった。

 

しかし

この日の立ち眩みは

これまでの単なる立ち眩みでは済まなかった。

しゃがみ込んだ時に

しゃがむ恰好でとどまることが出来ず

尻もちをつくように

お尻までぺったり座り込んでしまった。

 

右手は

風呂場のドアノブを握りしめたまま

 

左手は

バスタオルを持ったまま

 

目の前が真っ白になった。

 

右手が震えて止まらない。

 

左手も震えているような

 

小刻みな動き。

 

それ以外の体中のあらゆる筋肉が

 

ポコポコピクピク動いている感覚。

 

自分がどこにいて

 

何が起きているのか

 

全くわからない。

 

(なんか変だよ。誰か私を発見して!)

 

刻々と時間は過ぎる。

 

どれくらいの長い時間だったのだろうか?

 

実は短い時間だったのかもしれない。

 

 

ふわ~~~っと

 

 

徐々に

 

 

頭の真っ白さが抜けていった。

 

 

まだ震えのようなものは続いていた。

 

 

何っ?

 

 

 

何っ?

 

 

何が起きてるの??

 

 

何が起きたのか理解できない自分。

 

 

まだ自分がどこにいるのかもわからない。

 

 

やがて眼が見えてきた。

 

 

震えが止まって行った。

 

 

ここはどこ?

 

 

なぜこんな格好してるの?

 

 

 

状況を読み取れない私。

 

 

やがて・・・

 

 

「あー、そうだ!バスタオルをとった時・・・」

 

 

と思い出した。

 

 

 

 

ヤバい!!

 

今度は脳か心臓系の病気なのか??

 

もしくは

 

その前兆???

 

あっ、

 

特に高齢者に気を付けるよう言われている

 

ヒートショックか!

 

もう50歳だし

 

高齢者なのか?

 

私っ!Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

 

 

 

とにかく言えることは

 

何をどう考えても

 

放っておいてよい良い状態ではないように感じた!

 

パパと息子の所へ戻り

「私、ヤバいかも・・・。」と話をした。

 

元日に発症して以来

寝込むか入院か家に引きこもっている。

間違いなく体力は落ちている。

数日前の緊急外来に行って以来

ペースト状のものか

液体物しか口にしていない。

そもそも

今年に入り

まともに食事をしていないのだから

体が健康であるわけがない。

 

 

後で調べたら

ヒートショック自体は

一過性のものらしい。

でも

間違いなく大きなケガにつながる危険性、

大!!!!

 

大事になる前に

しっかり

対策をしないとね!!!




この記事をどう思いましたか?
  • すばらしい (0)
  • 面白い (0)
  • 役に立った (0)
  • 気に入った (0)
  • ほのぼの~ (0)
次の記事へ進む「 »」
前の記事へ戻る「«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算式を完成してください。 (Please calculate.) *

最近のコメント

広告(AD)