2015年7月12日

サッカー観戦「川崎フロンターレ vs FC東京」

   

2015年7月11日(土)

サッカーJ1リーグ 2ndステージ 第1節
川崎フロンターレ vs FC東京
等々力競技場
pm6:30 キックオフ

スタジアム観戦してきました。

===========

東急線 武蔵小杉駅からバスに乗り

人の流れに任せて・・・。

スタジアム前の公園では

フランパークってイベントをやっていて

美味しそうなものがいっぱい売ってました。

スタジアムへは再入場可なので

座席を確保した後

このフランパークで遊べるシステム。

フロンターレのホームゲームでは

毎回開催されるイベントらしいので

次回はそうしよう。

さてさて

スタジアムへは

30~40分前に着きました。

等々力スタジアムは

収容人数が20000~25000人。
(はっきりした人数がわかりません。)

はい。

もう、座席の確保はできませんでした。

7歳の子供連れて

立ち見ですか????

一番安いホームA自由席でなく

お金を出せば

席はあったのかもしれませんが・・・。

私も若かりし頃

ずいぶんサッカーを見に行きましたが

立ち見になったのは初めて。

大体Jリーグで20000人いったら

「すっごーーーい!」でしたからね。

サッカーがそれだけ人気が出てきたことなのでしょうね。

前半は2階の最上段の奥から

パパが息子を抱っこして見てました。

この写真はキックオフ前

私が片手を高く上げて撮影。

フロンターレのマスコットキャラクターが何かしてますが

そんなの楽しむ余裕なんてありません。

更に大きく拡大してみたら

FC東京のマスコットキャラクター・ドロンパもいますよ。

見える場所を探すのに必死で

キャラクターを楽しむ余裕なんて全くありません。

ママ(私)も時々抱っこしたり肩車したりしました。

息子は抱っこ観戦を楽しそうにニコニコ笑顔で見てましたがね。

ハーフタイム。

トイレに行ったら

さっき見てた場所はもう別の人が陣取っていて

戻ることができなくなってました。

1階の端のほうで

見やすい立ち見 or 地べた座り込み場所を確保できたので

後半はそこで見てました。

少しして

通路階段脇に

私が座り抱っこで息子を乗せてみてました。

2階の最上階の奥から

息子を抱えてみる苦痛から逃れ

選手も近くで見れるし

前半と比べると

快適ーーー!

後半終了15分前。

席に座っていた父子が帰っていきました。

見ると

席が2個空いています。

「行くぞっ!」

少し離れたところで立ち見してたパパを呼んできて

私の膝の上に息子を乗せて

隣にパパが座って

座って見ることができました。

あーーーっ、

やっと試合を集中して見れるっ!

結果は

フロンターレ 2 vs 0 FC東京

試合内容も

フロンターレのが良かったかなー。

帰りは

どのバスも激混みなので

東急線武蔵小杉駅まで歩きました。

家に着いたら

午後10時30分近くになってしまいました。

ん~~~。

午後6時30分キックオフで

帰宅が10時30分だと

午後7時キックオフは

とてもじゃないが

行けないなー。

今回は

フロンターレの中村憲剛と大久保嘉人を応援に行きました。

って、これは私個人的なことですけどね。

やっぱりサッカーはスタジアムが良いですよねー。

なかなか7歳の子を連れて行くのは難しいと思ってるんですが

今回は息子のような子供連れの家族を多く見受けられ

中には赤ちゃんを連れてきてたり

ベビーカーを押している人もいて

私がその昔スタジアムに行きまくっていたころとは

時代が変わったんだかなーと

つくづく実感して帰ってきました。




この記事をどう思いましたか?
  • すばらしい (0)
  • 面白い (0)
  • 役に立った (0)
  • 気に入った (0)
  • ほのぼの~ (0)
次の記事へ進む「 »」
前の記事へ戻る「«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算式を完成してください。 (Please calculate.) *

最近のコメント

広告(AD)