2015年3月11日

父の脳梗塞(孫の卒園式へ行く)

   

脳梗塞を発症した父が退院して

ちょうど一週間の

3月5日。

孫(私の息子)の卒園式。

 

「おじいちゃんには、ぜーーーーーったい卒園式に来てほしい!」

 

孫の強い要望があり

その願いを叶えるため

ちょっとだけ乗り気でないおじいちゃんをその気にさせ

ヘルパーさんを頼み

保育園の方に協力してもらうなど

たくさんの方に助けてもらいながら

おじいちゃんに来てもらいました。

ヘルパーさんは朝8:00から午後1:30までお願いしました。

おばあちゃんは朝5時に起きて

自分の支度とおじいちゃんの支度を済ませ

ヘルパーさんが来たら

すぐに出発できるように準備してくれたそうです。

 

おじいちゃんが電車に乗る時間帯は

ちょうど通勤ラッシュの時間帯。

車いすの人が乗っても大丈夫かどうかを

事前に駅員さんに確認したとき

改札を通る時

駅員さんに声をかけてほしいと言われました。

電車の乗降の時

スロープを出してくれるためです。

 

こうして

退院後

初めて電車に乗ったおじいちゃんなのでした。

電車は想像ほど混んでなくて

駅員さんが電車の中の車いすを止める場所まで

きちんと運んでくれたそうです。

 

降りる駅では

主人がホームまで迎えに行きました。

保育園ではトイレに入れないだろうからと

駅の近くの多目的トイレを借り

タクシーで保育園へ向かいました。

 

保育園では

先生方の計らいで

おじいちゃんは車いすに乗ったまま

式を見ることができました。

式の途中で疲れて帰っちゃうかな?

とも心配していましたが

約2時間の卒園式

最後まで見てくれました。

 

式の後

一旦控室に戻った子供たちでしたが

子供たちの集合写真を撮るとかで

すぐにまた式場へ戻っていきました。

 

あら、あら、あら・・・

おじいちゃんだんだん疲れてきて

顔が険しくなってきました。

式も終わったので

一足先に帰ったおじいちゃん・おばあちゃん、

そしてヘルパーさんなのでした。(^^;)

 

おじいちゃん・おばあちゃん・息子の

3ショット写真を撮ってあげたかったんだけど

タイミングを掴むことができませんでした。

式が終わった直後

息子がおじいちゃんに手を振ることができたので

それでOK!

ってことにしてね。

 

我が家が家に帰ってから

おじいちゃんに電話をすると

弾んだような声をしていました。

 

息子が

「おじいちゃんには、ぜーーーーーったい卒園式に来てほしい!」

と言わなかったら

おじいちゃんは卒園式には来なかったでしょう。

私も

ちょっと無理じゃない?!

と思っていました。

 

息子に

「おじいちゃん、途中で帰っちゃうかもしれないけど良い?」と確認すると

「それでも良いから来てほしい。」との答え。

卒園式での私自身の支度の事を考える余裕もないほどに

おじいちゃんに来てもらう為に

たくさんの人を巻き込み

必死になりました。

 

ケアマネージャーさんも

おじいちゃんが卒園式に行くことに

すごく賛成してくれたことも有難かったです。

 

たくさんの人に支えてられて

おじいちゃんは

退院後

たった一週間で

電車に乗り

孫の卒園式に

無事に行って

帰ってくることができました♪♪♪




この記事をどう思いましたか?
  • すばらしい (1)
  • 面白い (0)
  • 役に立った (0)
  • 気に入った (0)
  • ほのぼの~ (0)
前の記事へ戻る「«

2 Responses to 父の脳梗塞(孫の卒園式へ行く)

  1. りょう

    2015年3月13日 7:51 午前

    卒園おめでとうございます(*^_^*)

    良かったですね、お爺さんにも来てもらって。

    良い式を終えられて、ほっこりしました。

    慌ただしく、入学式の準備ですね。

  2. first

    2015年3月13日 10:31 午前

    To りょうさん

    >卒園おめでとうございます(*^_^*)

    ありがとうございます。
    保育園なので、次の日からこれまで同様に「おはよう!」と通園してますが、良い思い出となりました。(o^^o)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算式を完成してください。 (Please calculate.) *

最近のコメント

広告(AD)