2020年10月26日

実父、中心静脈カテーテル挿入完了

   

実父の中心静脈カテーテルの挿入が無事終了しました。

腎盂腎炎で

腎臓の炎症がなかなか治らず

熱が下がらない父でしたが

2020年10月12日(月)に平熱に戻りました。

先生の都合と

実父の体調の折り合いを見て挿入しますとの

お話でしたが

熱が下がった12日中にやってくれました。

 

翌日

父の介護おむつの補充があるので

中心静脈カテーテルの様子も見に

母と行ってきました。

 

この病院に入院してから

何度か父と面会していますが

(1分程度しかできませんが)

いつも寝ているか

私のことは誰だかわからない様子の父。(^◇^;)

今度こそ私のこと

わかってくれるか?

とばかりに

「お爺ちゃ〜ん、firstだよー♪」と

薄目開けてる?父の前で大きく手を振ったりして

大きなジェスチャーを繰り返してました。

もう少し目が開いた父。

胸元に置いてる父の手の上にかかっているタオルが

ゆらゆら揺れました。

よっしゃ!

父が手を振ってくれた!?

たぶんね(^◇^;)

息子の写真も見せてあげました。

じーっと見てました。(*^▽^*)

自分の孫だとわかったよね?!

 

中心静脈カテーテルを挿入で

特に痛がったり

違和感があるような様子もなく

自然な様子だったので安心しました。

 

腎盂腎炎で腎臓が炎症を起こしていた間

栄養を全く取れていなかったせいか

より一層ガリガリに痩せていました。

なのに何故か

顔色はよく

肌も艶々でした。

自分で寝返りができないので

寝たきり老人の実父。

先日の先生の話では

父に必要な栄養は

一日800〜1000kcalなのだそうです。

「へぇ〜。」って思うことしかできませんが

その辺は栄養管理されてのことだろうから

任せるしかありませんのでね。

よろしくお願いします!m(_ _)m

 

 

 

 

 




この記事をどう思いましたか?
  • すばらしい (0)
  • 面白い (0)
  • 役に立った (0)
  • 気に入った (0)
  • ほのぼの~ (0)
次の記事へ進む「 »」
前の記事へ戻る「«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算式を完成してください。 (Please calculate.) *

最近のコメント

広告(AD)