2020年2月14日

父(要介護5)の緊急入院

   

昨年11月か12月から

父(要介護5)は夜になると

痰が出る咳をするようになりました。

咳は夜から朝まで続き

昼間はあまり出てない。

大体そんなパターン。

食事もあまり食べなくなったようです。

母が食べさせてあげると

少し食べたようだけど

食事拒否の時に

薬の時間が重なってしまうと

薬を飲んでくれず

困った状況になっていました。

 

食事は以前からかなり小食になっています。

栄養面で心配だったので

医療用の栄養剤や

市販の栄養剤を

元々飲んでいました。

全く食べていないわけではなかったので

様子を見ている状態でした。

 

咳が3週間以上続くときは

病院を受診したほうがいいと良く聞くけれど

往診の先生に診てもらっているし

父の通院は介護タクシー手配したり大掛かりなので

そこまでしなくてもいいかな〜

って思いもありました。

そのうちに

父が熱を出してしまい

バタバタしてるうちに

忘れてしまいました。^_^;

 

2020年2月6日(木)

父はショートステイに行きました。

4泊5日なので

2月10日(月)帰宅予定。

ショートに行った翌日

2月7日(金)

ショートステイ先から

突然

強制帰宅させられました。

ショートステイ先で

全く飲まず食わずだそうです

体重を測ると32.8kg。
(3ヶ月前→35.4kg)

往診の先生の手配をしてくれました。

8日と9日の両日

自宅にて点滴。

これは主に

脱水を回復するのが目的だそうです。

10日(月)

再び往診の先生が来てくれました。

クリニックから私も来て欲しいと

事前に連絡があったので

私も自宅に行きました。

 

父は相変わらず全く食事をしていません。

このままでは限界がありますよね。

往診の先生から

延命治療についての説明を受け

どこまで希望するのか求められました。

同意書にサインをしてきました。
(いつでも変更可なんですって。)

 

父を検査をしたときでした。

昨日まで特に問題なかったのに

今日は

酸素濃度87
(マスクしての呼吸より苦しい状態。)

脈拍118
(走った後と同じくらいの脈拍)

肺の音も汚い

というのです。

メチャメチャ異常あり!

先生は

「肺炎、もしくは気管支炎の疑い」との診断でした!

確かに今日の父の咳は

今までと様子が違います。

往診の先生が救急車の手配をしてくれました

救急隊員がきて

熱を測ると38.2度。

往診のときはまだ平熱だったそうです。

ほんの1時間くらいの間に

急激に高熱になったようです。

 

私は初めて救急車に乗りました。

 

父は脳梗塞で入院した病院へ行きました。

検査結果:誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

そのまま緊急入院。

 

もう

ガリガリすぎるほど

ガリガリに痩せ細った父。

 

もうダメかもしれない。

 

 

 




この記事をどう思いましたか?
  • すばらしい (0)
  • 面白い (0)
  • 役に立った (0)
  • 気に入った (0)
  • ほのぼの~ (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算式を完成してください。 (Please calculate.) *

最近のコメント

広告(AD)