2015年3月14日

出産による膀胱瘤(6年10か月経過)「主治医と副主治医と卒業と」

   

出産により膀胱瘤となり

来月で7年目に突入です。

(息子も小学生になります!)

前回からの続きでお話をしますと

おりもの漏れ?みたいのは感じなくなりました。

その代わり?

花粉症によるくしゃみなどの時に

気を付けないと

ピッ!と

尿漏れしてしまいます。

(これは毎年のことですが。)

足を閉じて

(足をクロスさせるとしっかり閉じれます。)

トイレに行きたいわけではないことを確認し

はい、

くしゃみ!!!

(o>Д<)o・”.::・ハックショォンッ!!

 

気のせいなのかどうかわからないけれど

見えない部分のことだから

本当にそうなのかわからないけど

漢方薬を飲んでたほうが

お股の中がスッキリ!してる感じがします。

今では一日1~2回ですが

確実に飲んでたほうが

調子いいです。

(そんな気がしてます。)

 

体調を崩していた

私の信頼してる主治医なのですが

全く復帰する気配がありません。

主治医の様子が全く耳に入ってこないので

私の勝手な憶測なのですが

もう主治医の完全復帰はないのではないかと思っています。

 

で、

 

で、

 

で、

 

これから先どうなるの?

出産による膀胱瘤と私。

 

とりあえず、

副主治医(と私が勝手に思っている)に

薬を処方してもらいました。

先生「最近、どう?」

私「はい。まぁ、これと言って変わらずです。
もう長いので多少のことなら自分の中で〝こういう時はこう〟みたいな対処してますし。」

実際どう話したか

細かい単語は違うかもしれないけれど

大体こんな返事をしました。

先生「じゃぁ、今後は年一回ガン検診の時に診てあげます。もう〝卒業〟ですね。」(^^)

 

いや

 

いや

 

いや

 

いや

 

いや

 

卒業って・・・

 

私、

 

縄跳びできますか?

全速力でダッシュして良いですか?

マラソン大会に出ても良いですか?

息子とトランポリンで遊んでいいですか?

 

聞けなかったけど・・・。

 

主治医と副主治医は

同じ産婦人科医でも

持っている専門知識がちょっと違うのです。

もちろん副主治医もとても素晴らしい先生です。

私の体調がもっと酷かったころ

「この前こんなことがあり、違和感が出てしまっている。」

と相談したら

アドバイスをもらったこともあります。

 

少なくとも

私の膀胱瘤は

〝完全には治ってない!〟

自己診断ですが。

 

悪く考えても仕方ないです。

自分のことだけ考えれば

今では

日常生活で違和感を感じることは

まずありません。

主治医は元気だけど

通っている骨盤底筋体操教室が閉鎖

じゃなくて

良かったのかもしれません。

 

診察っていったって

所詮

経過観察。

 

診察じゃ治りませんが

骨盤底筋体操を続けることは

回復に繋がるのですから。

 

〖祈〗 ☆彡 主治医の完全復帰!!(-人-;)




この記事をどう思いましたか?
  • すばらしい (0)
  • 面白い (0)
  • 役に立った (0)
  • 気に入った (0)
  • ほのぼの~ (0)
次の記事へ進む「 »」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算式を完成してください。 (Please calculate.) *

最近のコメント

広告(AD)