2014年10月5日

叱らない親

   

家族3人で出かけた時のこと。

そこで子供が遊ぶには

靴を脱いで

シートに上がらなければならなかった。

息子(6歳)とパパがシートにあがり

私はシートのすぐ脇から

靴をはいたままで様子を見守っていた。

息子は

ボールゲームを始めた。

ボールを入れ

左右のレバーを順番に動かし

ボールを動かし

ゴールさせるゲーム。

そのゲームには

既に

息子と同じくらいの男の子二人が遊んでいた。

息子が入り

息子がボールをスタートさせるのだが

二人の男の子がすぐに

息子のボールをとってしまい

息子はスタートさせても

すぐに遊べなくなってしまう。

自由気ままに

自分勝手に

レバーを動かしていく男の子たち。

息子がボールをスタートさせても

1打か2打で

自由人の子供たちが奪い取ってしまう。

やりたい放題の子供たち。

うちの息子は

基本譲ってしまう性格なので

全然遊べない。

男性係員も全く注意しなく

それも腹正しかったが

息子にだけ

いつも

ボールをくれていた。

この人なりの配慮なのか!?

私「それって、やったもん勝ちなの? やりたい放題なの?」
私は

その男性係員のすぐ近くにいたのだが

あえてパパに聞いた。

パパ「うん。そうみたい。」
すると

隣から
「すみません。うちの子が仕切っちゃって。」

女性の声がした。

みると

私の隣に女性がいて

この二人の自由人の一人の母親だった。

私「うちの子、優しいんですぐ譲っちゃうんですよ。
保育園でももっと自己主張して良いんだよ、と
言われてるんですが、本当に譲れないものは
譲らないこともありますが
争い事が嫌な子なんで基本譲っちゃうんですよ。」

女性「優しんですね。」

ちょっと事務的な言い方だった。

 

ちょっと気になった。

 

何かを感じた私。

 

何かこれまで私が知ってる母親と

 

何か・・・

 

 

何か・・・

 

 

何か・・・

 

 

何か違う。

 

私「いつも叱ったりしないんですか?」

女性「えぇ。 子供は子供の社会の中から学んでいくので。
そういう考えなんで 叱らないです。

 

 

私「いつもこうなんですか?」

 

 

女性「そうですね。幼稚園でもこんな感じです。放任主義なんです。」
はい。

もう

この母親とは

会話が成立しないこと

決定!!!

 

あきれてものが言えない。

 

〝遊ぶときに順番を守る〟

それを子供に教えるのは

放任主義と全く関係ないこと。

親として

社会のルールを教えることは

当たり前でしょ!?

こういう時って

どうしたら良いんだろう?

きっと

また

どこかで

同じようなこと

あるよね!?

親として

順番を守れる息子を

譲ってしまう息子を

いや

譲ることができる息子を

叱らない親の自由勝手な子供から

どうやったら

守ってあげられるのだろう?

 




この記事をどう思いましたか?
  • すばらしい (0)
  • 面白い (0)
  • 役に立った (0)
  • 気に入った (0)
  • ほのぼの~ (0)
前の記事へ戻る「«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算式を完成してください。 (Please calculate.) *

最近のコメント

広告(AD)