2017年6月8日

<小3読み聞かせ>『むかしむかしとらとねこは・・・』~中国のむかしばなしより~

   

息子の小学校で年数回ある

保護者による読み聞かせ(自由参加)で

今回は

中国の昔話より

『むかしむかしとらとねこは』(大島英太郎/文・絵)

を読んできました。

 

息子が3年生になり

文字のボリュームなどが難しくなってきたので

読み聞かせの本探しには

近所の図書館の方2名に協力してもらいました。

 

7~8冊本を選んでくれて

その中から4~5冊借りてきて

最終的に1冊選びました。

 

読み聞かせ当日。

 

教室の前にいると

 

3年生のクラス替えで

今回も息子と同じクラスになったお友達(男の子)から

「(読み聞かせに)来ると思ったよ。」と言われましたよ。

 

そ、

 

そ、

 

それは

 

待っていてくれたのか?

 

それとも

 

「また来たの?」って事なのか?

 

ふん、ふん。

 

気にすることなく

笑顔で教室へ。

 

タイトルを言うと

子供たちから

「とらはネコ科だよ。」との声。

さすが3年生になると

みんないろんなことをよく知っています。

 

1~2年生の時のクラスに比べ

やんちゃな子が多いと聞いていたので

読み聞かせ中も

これまでより賑やかなのかな?

最後までちゃんときいてくれるかな?

などの心配もありましたが

最初から最後まで

終始

 

 

 

 

しーーーーーん!!!

 

 

 

 

んっ?!

 

これはこれで

 

心配。

 

 

つ、

 

つ、

 

つまらなかったかしら?

 

大丈夫か???

 

読み終わると

一番前できいていた女の子が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「面白かったぁーー♪」(^0^)/

 

 

あ~~

 

良かった!

 

 

教室の一番後ろで

ベテランそうな先生が立っておりました。

 

ニコニコ笑顔で

私に会釈してくださったので

私も笑顔で返したのですが

あとで息子に聞いたら

学外の何とか委員会(!?)の方だったそうです。

 

ちょっ、

 

ちょっ、

 

ちょっと待て!

 

 

私の拙い読み聞かせを

 

聞かれてしまいました。

 

いや~~~ん!

恥ずかしい~~~!! (*/∇\*)




この記事をどう思いましたか?
  • すばらしい (1)
  • 面白い (0)
  • 役に立った (0)
  • 気に入った (0)
  • ほのぼの~ (0)
次の記事へ進む「 »」
前の記事へ戻る「«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算式を完成してください。 (Please calculate.) *

最近のコメント

広告(AD)