2021年9月13日

高齢者(母・88歳)の大腿骨骨折⑥〈主治医からの現況報告とせん妄の続き〉

   

手術から2週間が経つ頃

主治医からお電話をいただきました。

母の現況についてお話ししてくれました。

・歩行器を使って歩行訓練中

・数十メートル歩くと疲れてしまう。

・回復途中の段階である

 

術後の傷の状態も順調に回復していると言うことで

そろそろリハビリ病院へ転院できるとの事でした。

リハビリ病院では、おそらく12ヶ月かかるだろうとの見解でした。

どの程度回復できるかは本人(母)次第だそうです。

基本運動が好きな母なので、良い結果を期待したいです。

 

何か質問があるかを問われたので

せん妄について聞いてみました。

一時期は確かに酷かったようですが

今は落ち着きを取り戻しているようです。

しかし、リハビリ病院へ移ると

急激な環境の変化により

またせん妄が出るかもしれないけれど

最初の時

一時的なものなので大丈夫だと。

自宅に戻った時は

せん妄も出ずにケロッとしているでしょう

との事でした。

 

とは言えねぇ〜

 

その数日後

7時頃

母から電話があったのですが

ちょっと意味不明なことを言っていて、、、、

「〇〇さん(昔の知り合い)に注射を打たれた。」って。

〇〇さんって、今行き来してないし

注射ってコロナワクチンの事?

困ったね (´д)

 

どうも

まだ朝晩が微妙なのかな?!

たぶん、、、(´-`;)トホホ

 




この記事をどう思いましたか?
  • すばらしい (0)
  • 面白い (0)
  • 役に立った (0)
  • 気に入った (0)
  • ほのぼの~ (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算式を完成してください。 (Please calculate.) *

最近のコメント

広告(AD)