2005年8月26日

着物のクリーニング

   

TVで「洗い張り職人」について放送してました。
洗い張りとはわかりやすく言えば、“着物のクリーニング”。
私はすぐ両親へ電話しました。
なぜなら、両親は「洗い張り職人」だったからです。
その番組を見ていて、懐かしい感じを覚えました。
いつも家にあった懐かしい道具や光景がたくさん映しだされたからです。
「残念だったねぇ。
(洗い張り職人を)続けていたらお父さんもTVに出られたのにねぇ~!」
私は父に言いました。
しかし現実問題、続けることは無理だったでしょうね。
東京都の再開発事業に伴い、
祖父母の代から続いてきたお店を閉店せざるを得なかったわけですから。




この記事をどう思いましたか?
  • すばらしい (0)
  • 面白い (0)
  • 役に立った (0)
  • 気に入った (0)
  • ほのぼの~ (0)
次の記事へ進む「 »」
前の記事へ戻る「«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算式を完成してください。 (Please calculate.) *

最近のコメント

広告(AD)