2017年2月2日

子宮膣部焼灼法

   

子宮頸部円錐切除術後

微量の出血が気になり副主治医に診てもらったところ

肉芽(にくげ)とやらができてるという事で

手術をしていただいた先生のところへ行きました。

 

手術先生の話では

円錐手術をすると肉芽はできるもの

なのだそうです

 

ただ今回問題なのは

出血していること!

 

なのだそうです。

 

きっと副主治医もそう説明してくれたんだろうけど

肉芽とやらの

初めて聞く言葉に

重要な部分を取り違えたか?

私の理解力が乏しいのか?

 

ま~

 

とにかく

 

手術先生に

出血を止める治療をしてもらいました。

 

その日の夜。

 

特に出血が減った感じはなく・・・

 

赤みは増した気はしますけど・・・

 

翌日に予約を入れたので

(治療の様子を診るために)

2連続で通院しました。

 

(2日目)

先生「出血が減ったような感じはありましたか?」

私「いえ。。。それ程でも・・・。」

先生「そうですか。」

 

診察してもらうと

すぐにその原因がわかった先生。

さすが!です。

 

先生「(治るのに)時間がかかるので

しばらく通ってもらうことになりますけど大丈夫ですか?」

私「はい。わかりました。しばらくお世話になりますっ!」

 

そんな訳で

出血が完全に止まるまで

手術をした病院に

しばらく(ってどのくらいだろう?)

通院です。

 

先生の話では・・・

 

・液状の薬で治しているそうなのですが

子宮の上の方?(奥の方?)から出血しているので

その薬が到達するまでに時間がかかるみたいです。

 

・柔らかい部分なので縫うことが出来ないため

液状のお薬でちょとずつ状態を整えていくようです。

 

うーーん。

先生は丁寧に説明してくれたのですが

私からはうまく説明できません。

もしどこか間違っていたらごめんなさい。

 

会計の時

明細を見たら

「子宮膣部焼灼法」

って書いてありました

 

 




この記事をどう思いましたか?
  • すばらしい (0)
  • 面白い (0)
  • 役に立った (1)
  • 気に入った (0)
  • ほのぼの~ (0)
次の記事へ進む「 »」
前の記事へ戻る「«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算式を完成してください。 (Please calculate.) *

最近のコメント

広告(AD)