2016年1月24日

出産による膀胱瘤7年9ヶ月経過

   

出産により膀胱瘤となった私、firstです。

7年9ヶ月を経過しました。

おかげさまで結構重たい物も持てるようになりました。(^^)v

重たいものを持った時に

下腹部というか・・・

にグッと膣に向かって

下がる感覚みたいものがあった時期もありましたが

今はそれもありません。

 

漢方も飲んでません。

漢方は自己判断によりやめたものです。

理由

・主治医が病気で倒れる少し前

診察の時

「まだ薬飲んでたっけ?」

「まだ飲む?」

と確認してから

処方されたことが数回あったので。

・主治医が病気により診察してもらえなくなり

代わりに診ていただいた先生に

「もう卒業ですね。」と言われたので。

・これまでは漢方を何日も飲み忘れると

悪化とまではいかないのですが

「ん~~・・・」って文字にできない感覚が現れ

「あっ、薬飲み忘れてるからだ!」って気がついた。

今薬飲んでないけど、

その文字にできない感覚がない。

 

階段も駆け上がれるようになりました。

トイレに行った直後でなくても

駆け上がれるようになりました。

 

と、ここまではハッピーな部分。

 

昨年の夏頃はこう思ってました。

“もっと早く走れるように徐々にスピードアップしてみよう!!”

 

しかし、

しかし、

しかーーーし

 

寒くなってきて

筋肉が固まってるのか?????

膀胱が落ちてくる感覚は全く無いのだけれど

ある時は尿漏れしそうな感覚だったり

ある時はおりもの漏れっていうのか

が多くなりました。

生理中にゴボって出ちゃう時のような感覚があって・・・

知らず知らずのうちに

内股に力が入っていたりする。

 

先日息子のサッカークラブで

親子サッカーってイベントがあった。

私は基本キーパーだったけど

ボールを阻止するために

片足をおもいっきり伸ばして

足でボールを止めた時があった。

結構腹圧かかる。

落ちた感覚はないんだけど

急に腹圧かかる運動すると

筋肉がびっくりする?らしく

試合が終わった後

膣のあたりがなんとも表現できない感覚。

でも少しすると

妙に膣のあたりが軽く快適な感覚になったりもする。

親子サッカーの日は

夜用の生理用ナプキンをあててサッカーして

10分ほどの試合が終わる度にトイレに行って

ナプキンを換えていた。

 

夏の頃のようには走れない。

殆どが “気持ち” から来ているんだろうと思うんだけどね。

怖いのですよ。

万が一

万が一

万が一

再び落ちたら

もう治ることはないのだから。

 

話変わって・・・

こんなこともありました。

トイレを我慢しながら早歩きをしていた事があった。

時々若干の尿漏れの?ようなものを感じながらも

急いでいたし生理用ナプキンにがんばってもらおう、と

そのまま過ごした。

やっとトイレに行けた時

もうナプキンは溢れんばかりになっていた。

尿漏れなのか

おりものなのか

わからない。

 

私は元々すごくおりものが多かった。

なのである程度は

体質からくるのだろうと思っているけれど

主治医が病気で倒れてしまい

聞く先生がいない。

まっ、聞いたところで

結局は

骨盤底筋体操を頑張るしかないのでしょうね。

 

今は夏の時のような快適さはないけれど

今年また夏が来たら

去年より走れるようになってると良いな。

 

息子が私の体を気にかけてくれるまでに成長しました。

助かります。

息子と思うようにサッカー遊びが出来なくて

悲しくなる事もあるし

もうこれ以上治らないのかも?と

不安になることもあるけどね。

(日常生活に大きな支障はなくなったので

「これだけ治ればもう良いかなー!?」と

開き直りのような気持ちの時もありますけどね。)

 

重たいものを持てないことで使ってなかった筋肉が

弱ったのでしょうか?

私の年齢のせいなのでしょうか?

筋肉の衰えを感じます。

骨盤底筋だけでなく

付随する筋肉も鍛えないとね。

アンチエイジンも兼ねて!(^_-)

 

急に寒くなって

超寒がりの私は

何枚も重ね着します

するとね、

ジーンズがパツンパツンになってしまい

無理してボタンを止めます。

するとね

膀胱少し落ちてる感じします。

ジーンズ脱いでゆったりして

少し経つと下腹部周りが

軽くなるけれど

きついジーンズは危険です。

加齢による膀胱瘤の原因のひとつとして

ガードルなどで常に締め付けていたというのがあるそうですが

うなずける話です。

 

膀胱瘤でお悩みの方がいましたら

お気をつけ下さい。

 




この記事をどう思いましたか?
  • すばらしい (2)
  • 面白い (0)
  • 役に立った (3)
  • 気に入った (0)
  • ほのぼの~ (0)

2 Responses to 出産による膀胱瘤7年9ヶ月経過

  1. りょう

    2016年1月27日 5:57 午前

    膀胱瑠になる2~3年前から
    太りだして、それでも、
    ぴちぴちのジーンズを履いていた
    時期がありました。
    私もそれは失敗だったと思います。
    ぜい肉を閉じ込める感じで、
    締め付けていたので。。。

    冬は、子宮辺りに、貼るカイロを
    一枚利用して温めておくと、
    全てに於いて快調ですよ。
    お若いと、抵抗があるかもしれませんが
    寒いところに行くとき、サッカー観戦など
    出来るだけ冷やさないようにね。。。

  2. first

    2016年1月28日 4:41 午後

    To りょうさん

    寒い冬の時期。
    実は使い捨てカイロをいつも鞄の中に忍ばせています。(#^^#)
    遠赤外線だの発熱云々のストッキングも、普通の厚手ストッキングよりずっとずっと暖かいですよね。
    今年になって知りました。

りょう へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

計算式を完成してください。 (Please calculate.) *

最近のコメント

広告(AD)