2007年3月14日

メリー「ファンシーチョコレート」

   

070314_2145~0001.jpg070314_2140~0002.jpg
070314_2137~0001.jpg

ホワイトデーです。
バレンタインの時の「唐辛子チョコ」のお返しに
写真のチョコレートをもらいました。
メリーチョコレートの「ファンシーチョコレート」です。
もらった時は、写真下段の水色の包装でした。
その包装紙を開けると、シンプルな写真上段右。
フタを開けて、出てきた11種類のチョコレートが写真上段左。
私はチョコレートやクッキーが大好きなので、
このメリーズチョコは素直に嬉しいのであります。
今日はもうお腹いっぱいなので、
明日にでも美味しくいただきます♪

ちなみに・・・
バレンタインの時、諸事情により
旦那さん用のチョコを買いはぐりました。(^^;)
なので、ホワイトデーもなしにしました。
今度、一緒にケーキでも食べに行こっと!(^^)v

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
メリーチョコレート アソート

(詳細は画像をクリック♪)




この記事をどう思いましたか?
  • すばらしい (0)
  • 面白い (0)
  • 役に立った (0)
  • 気に入った (0)
  • ほのぼの~ (0)
次の記事へ進む「 »」
前の記事へ戻る「«

3 Responses to メリー「ファンシーチョコレート」

  1. urchin

    2007年3月15日 8:50 午前

    一緒にケーキですか?
    うっふっふっふ♪
    firstさんも旦那ちゃまと仲良しさんですね♪
    うっふっふ♪

  2. first

    2007年3月15日 12:59 午後

    ★urchinさん☆
    >うっふっふっふ♪
    >firstさんも旦那ちゃまと仲良しさんですね♪
    >うっふっふ♪
    うっふっふっふ♪
    勿論でございますわよ♪
    うっふっふ♪

  3. チョコレートの原料

    ◆チョコの原料◆チョコレートの原料はカカオの木の実です。カカオの木は、学名をテオブロマ・カカオといいます。「テオブロマ」とは、ギリシャ語で「神さまの食べもの」という意味でとても大事にされていました。昔は貴重な食べものだったのです。現在でたとえると桐の箱に入った1個○万円の「高級メロン」ですかねぇ~(?)またカカオはお金として使われていたこともあります。by「All About」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

計算式を完成してください。 (Please calculate.) *

最近のコメント

広告(AD)